jcss校正におけるメリットを紹介 jcss校正にデメリットはあるのか

jcss校正にデメリットはあるのか

計量法に基づく校正事業者の登録制度であるjcss校正は、jcssに認められることで、校正を行っている施設がある一定以上の計量技術を持っているということの証明となります。人が生活を行う上で、長さや時間、重量、湿度や光など、多種多様な方法で物理量を測定する機会が訪れます。身近にある例を挙げると、料理をする時は計量カップを使用して体積を測ります。また、キッチンタイマーを用いて加熱時間を測定することもあります。計量カップやキッチンタイマーといった測定器具は、これらの製品を作る企業が正しく計測できることを確認した上で販売されています。計量器具の校正を執り行っている企業が、きちんと正確に測定することができるということを国が認定している制度となるjcss校正は、企業の信用度のためにもデメリットはないと考えられています。

注目度が高まっているjcss校正について解説

jcss校正とは、国際電気標準会議のIECと国際標準化機構のISOが定めた校正となり、計量法トレーサビリティ制度と言われています。これらは平成5年11月に計量法が改正されたことで導入されました。導入となった計量法制度は2種類存在しており、標準供給制度並びに校正事業者登録制度となります。認定する事業者が、この機関に関する基準が要求する事柄に適合しているかを判断する審査を行うことで、校正事業者の登録をするシステムとなっています。さらに、計量標準の校正を行うことでロゴマークが付いた校正証明書の発行が可能となります。ロゴマークが付いた校正は、トレーサブルを証明することになります。認定する事業者の品質システムなどの信頼度を保証する証明にもなる、とても重要なものとなります。

jcss校正によって考えられるメリットとは

jcss校正に認定を受けるためには、測定基準に用いている分銅や正確な時を刻む時計が必要となります。さらに、測定する器具の正確性に加え、これらの測定器具を正しく使うことができる高い技術が必要となるのです。どんなに正しく測定できる分度器であっても、温度によって膨張もしくは収縮するため、厳格に温度管理がなされている場で校正を行うことが重要となります。そのため、jcss校正に認められた機関は、高度な測定技術を持っているということが国によって証明されている証となるのです。ただ正確な校正ができるだけの証明ではなく、正確な校正ができる技術を持った人材を有していることも証明されているのです。jcss校正の認定を受けると、認定機関が信用を得るメリットがあります。また、器具を使用する使用者も、jcss校正に認定されている器具で校正を行えば、正確性で信頼がおけると認定されるメリットがあります。